ブラジャーを対応してバストアップ

ブラジャーを対応してバストアップ

おっぱいの大きさは遺伝だと思ってサイズアップをあきらめていませんか?
大切なのはやはり生活習慣です。
しっかり女性ホルモンが分泌される生活習慣を身につけて、バランスのとれた食事をすることでバストアップしやすい条件をつくってあげましょう。

そうすれば必ずおっぱいの形も変わってきます。
バストアップのためにブラジャーは必要でしょうか?
もちろん、必要といえるでしょう。
ブラジャーをしているのとしていないのとでは、おっぱいの形は全く違ってきます。
おっぱいはほとんどが脂肪でできており、下着の形や筋肉量によってどんな形にも変更できてしまいます。
ということは、いつもおっぱいだと思っていた部分以外の脂肪をブラジャーによせて詰め込む事でおっぱいが大きくなるということです。

しっかりとサイズを計って、きれいにブラジャーに入れる事、それをキープすることが大切です。
いままでおっぱいではなかった脂肪はすぐにもとの場所に戻ろうとしますので、数時間おきにブラジャーの中へと誘導してあげることが必要です。
バストアップしたい、形を良くしたいという時にはフルカップで肩ひも、背中の帯が広めのものがいいでしょう。
スポーツブラでもOKです。
ワイヤー入りのブラジャーはリンパや血液の流れを妨げてしまって、おっぱいに十分な栄養が届けられません。
寄せて上げるブラは見た目はきれいに整うのですが、ふっくらとしたきれいな形のおっぱいにはならないのです。

おっぱいは生理周期で大きくなったり小さくなったりとサイズが変わる事があります。
サイズの変化に合わせてブラも変えられたほうがいいですね。
ブラはいつもサイズを測って、正しいものをつけましょう。
トップ、アンダーは必ず計って、バージスラインというおっぱいの下半円がきれいに入る形を選びましょう。

バストアップのためのブラを用意したら、毎日のブラの付け方が大切です。
前屈みになって、カップでおっぱいを包み込むように入れましょう。
もちろん、バストアップ成功したらすぐにサイズアップしたブラに変えてくださいね。